最近お客様から、このブログのお話を良く頂くようになりました。ご覧頂いているとなると嬉しいものです。引き続きより良い情報をわかり易く皆様にお伝えしていきたいと思います。

さて今回は生前にお墓を購入しましょう、というお話です。

相続税法には、相続税を課税しないとしている財産が決められています。
そのうちのひとつに、お墓 が挙げられます。

お墓には相続税が課税されない

お墓も財産であることには間違いはないのですが、考えてもみてください。

もし、大切な家族が亡くなって相続税を納めるとなったときに、お墓にまで課税されたのでは、とてもじゃなですが、納得いかないのではないでしょうか。

このように、人間であれば当たり前に抱くであろう感情に配慮して、お墓には相続税が課税されないことになっています。ということは、生前にお墓を用意したほうが納める相続税は少なくなります。

例を挙げるとすれば

  1. Aさんは父が亡くなって多額の現金を相続しました。その現金で相続税を納め、父のお墓を買いました。
  2. Aさんの父は生前、自分のためにお墓を買いました。Aさんは父が亡くなって現金を相続しました。その現金で相続税を納めました。

2の場合は亡くなる前にお墓を購入しています。よって、上述のお墓には相続税が課税されないということから、Aさんはお墓についての相続税を負担していません。しかし、1はどうでしょう。相続した現金に対して相続税が課税され、相続税を収めた後の残りの現金でお墓を購入しています。当然最終的に残る現金は後者の方が少なくなる、という事はご理解頂けると思います。

中には、生前にお墓を購入する、ということに躊躇いを感じてしまう方も少なくないと思いますが、相続税対策の一つとしては非常に有効な手段でもあります。あくまでも簡単にまとめている文章ですので、ご不明な点や、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。